スレッド一覧

寝取った奥様達

  • E-mail
  • 2020/11/08 (Sun) 14:09:51
長いこと3Pやスワップ、複数プレイ、寝取りをしてきました。
30年以上になります。
最近寝取った奥様達の様子を上げさせてもらおうと思います。

最初は41歳の奥様。
旦那さんは40代後半だったかな?
旦那さんには興味がないので、ほとんどの方の年齢を覚えてません。
多分5年ほど前の出来事です。
事前に旦那さんとは2回ほど会いました。
まあ、面接みたいなものだったんでしょうね。
自分の奥さんを抱かせるわけですから、どんな男か知りたいのは人情でしょう。
取りあえず合格だったみたいで、「次は3人で会いましょう。女房の意見も聞きたいし」ということで、3度目に会ったのは昼間のファミレス。
現れた奥さんは一見して地味で、服装も同様な感じです。
食事中も会話でもほとんど私と目が合いません。
この日は顔合わせだけ、女房が気に入れば次回にお願いします、と言われていたので、気軽にお話だけしていました。
下ネタなどを織り交ぜて、私の体験談などが中心でした。
そろそろお開きかなと思ったので、トイレを済ませ会計をして外に出ました。
するとご主人から意外な申し出が。
「良かったら今日抱いてやってくれませんか?」と。
「奥さんは大丈夫なんですか?」
と聞くと、
「女房から今日がいいって言って来たんです」ということ。
ならばと、私の車で3人でも入れるラブホテルに向かいました。

続きます。

ある寝取られ夫婦の軌跡

  • 流離の単身赴任者
  • E-mail
  • 2020/08/14 (Fri) 14:38:25
ここに記すのは、私が寝取らせていただいたあるご夫婦の、寝取られ完遂までの軌跡です。
そのご夫婦は、旦那様が43歳、奥様が45歳の姉さん女房でした。お二人のご結婚は早く、旦那様が21歳の時に“出来ちゃった婚“だったそうです。
旦那様がご自分の性癖に気が付いたのは結婚5年目に奥様が浮気をしたのではないかと疑った時だそうです。それからというもの、旦那様は奥様に自分の目の前で他人棒を経験して、それを見せて欲しいと懇願しました。もちろん奥様は拒絶し、全く取り合わず何年も過ぎたそうです。
旦那様は事あるごとに奥様に他人棒を懇願し、奥様はそれを拒絶する事を繰り返すこと17年目にやっと転機が訪れました。
お子様が成人して独立したことにより、また二人だけの生活が始まり、ほとんど月一程度の夫婦の営みに刺激を求めたのは旦那様だけではなかったのです。奥様も少なからずマンネリを感じておられた時に、旦那様からの他人棒の誘いに『そうね、考えてもいいよ。』と思わず言ってしまったそうです。
それを聞いた旦那様は我が耳を疑い、飛び起きて奥様に再度確認されたそうです。奥様は、『秘密を厳守してくれる、本当にこの人ならって人が見つかったらね!』とおっしゃったそうです。
その日から旦那様の単独男性探しが始まりました。いろいろなサイトに募集掲示を出したり、掲示板で見つけた人に連絡して実際にお会いしたりして約1年間に7人ほど面接されたそうです。
そうして、やっと奥様の出された条件に合いそうな単独男性として私と出会いました。旦那様は奥様の出された条件以外に、ご自分としては、「家内は年上の男性に甘えたがっているに違いないから、甘えさせてくれるような少し年上の落ち着いた感じの男性にしよう。」と決めておられたそうです。
旦那様のお心遣いも伝わり、晴れて念願の寝取られプレイを経験することになったのです。
初めての他人棒からもうすぐ1年が経とうとしています。あれほど拒絶していた奥様は、今では毎週他人棒を味わい、時には私の部屋にお泊まりされるくらい他人棒を堪能していらっしゃいます。
もちろん旦那様には写真や動画でご報告したり、時にはテレビ電話で実況中継させていただき、ご自分の性癖を満たしておられます。

/////  体験談募集! (これ模擬投稿です) /////

  • 管理人(・∀・) 
  • E-mail
  • Site
  • 2020/05/16 (Sat) 15:40:07
何度も話し合い、ようやく妻が折れてくれました。「でも、そんなことしたくない」という妻を都度になだめ、当日を迎えたのでした。H氏とは新宿で待ち合わせの約束です。同行することも考えていたのですが、事実を受け止めきることに自信がなく妻だけで行かせることにしました。妻に無理を頼んでいるのも自分、受けとめきれる自信がないのも自分。矛盾してますね。妻が行為に応じる姿などをぼんやり思い受けべていたら、「会いました」とのメール。そして「ホテルに行きます」「ホテルに入りました」と続きます。少し間があってから妻から電話がありました。「今からはじめるけど、本当にいいの?」「いや、お前こそ本当にいいの?」「だってホテル入っちゃったし」「じゃすまないが」「わかった」・・・言葉をいくつか交わしただけでした。あとから聞いたらシャワーを済ませてから電話をしたとのことです。
できるだけ考えないようにして待ちました。酒は強くないのですが、何とも気分が落ち着かないのでビールを飲みました。ぼんやりしたまま時間が過ぎていき、ふと気がついたらもう3時間経っていました。メールも電話もなく、妻がとつぜんに「ただいま」 と帰宅したのは間もなくのことでした。意外に早い帰宅でした。「だって、私は一回で十分だし、早く帰りたかったし」とのこと。
さっそく妻を寝室に連れていきました。妻は「いま別の人とやってきたばかりだよ。本当に大丈夫?」と心配してくれましたが、こみ上げてくる気持ちを抑えることができず、私としては珍しく押し倒すように妻に乗りかかりました。・・・行為の一つ一つを確認しながらの妻とのセックスは、過去に経験がないほどの興奮と嫉妬でした。ただ、まだ心の整理がつかないので、この奥深い感動をうまく書き表すことができません。申し訳ございません。
妻は積極的ではないですが「二度と応じない」とも言っていません。また、お願いしようかどうか考えています。

「一番乗り」のご投稿をお待ちしております!!

  • NTRクラブ事務局
  • E-mail
  • Site
  • 2020/05/09 (Sat) 15:58:48
//////////奥様ご説得のご経験談をご投稿ください//////////

NTRは一朝一夕では実現しません。呆れられ、軽蔑され、無視され、拒絶され、食器を投げつけられ、泣きわめかれ・・・厳しい冬を乗り越えてようやく春を迎えられるのです。
NTRご経験済みのご夫婦様!後輩たちのために先輩方の貴重なご経験談をお聞かせください!!(失敗のご経験談も歓迎です。)

新規スレッド作成

(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)